適応型形態論
Adaptive Morphology

2013
東大 University of Tokyo
4th Year Undergraduate Studio
T.A.: RyuyuIshihara

統合プロセスとしての建築設計
建物の生産は複雑なプロセスである。それはどんなに小さくても、空間的、技術的、歴史的、文化的、社会的、政治的、経済的など、多数の問題を考慮し、それらを最もふさわしい形で統合しなければならない。このプロセスがデザインと呼ばれるものである。つまりデザインとは、対処すべき様々なパラメーターを考慮しながら、アイディアとコンセプトを組織化し、具体化することに他ならない。
このような統合プロセスとしてのデザインという考えのもと、このスタジオでは、敷地・プログラム・クライアントといった与条件から形を模索するような従来のやり方とは逆のアプローチを採用する。ここでは、敷地やプログラムを考慮するより先に、デザインのツール、プロセス、そしてテクニックの研究を行い、その後、その研究を応用することによって、パラメーターとして与えられる諸問題を統合すること=デザインを試みる。しかし、このような方法は、これまでの学期で学んだことを否定するものでは全くない。むしろそれは、建築を生み出す手続き的・分析的な論理を理解することによって、これまで取り組んできた一連の設計演習を総合することを可能にするものである。
建築と情報
"We don't invent a new architecture every Monday morning." 
Ludwig Mies van der Rohe
このスタジオプロジェクトの目的は、形と空間の個人的表現を追求するのではなく、情報のネットワークとマネージメントを通じて建築をデザインすることである。このようなデザインプロセスにおいては、建築の訓練は、 建築学の学問的背景と知識を理解し、これまでつくられてきた建築を延長する連続的進化と位置づけられる。本スタジオでは、このような進化する建築を可能にする現代的ツールとしてコンピューターを活用する。それは単なる表現手段ではなく、単純なパラメーターが重なり合うことによって現れる複雑な秩序を、形として生成させるためのツールであり、21世紀のグローバル化された複雑な社会で築かれる建築に不可欠な手段である。ここでは、コンピューターに代表されるこのような手続き的手法によって創造性を発揮する「コンピュテーョナル・シンキング」を身につけることも重要である。


hairy riverbank: utopic trashscape

Akiyama, Kei

project title: Hairy Riverbank
project subtitle: Utopic Trashscape
site: Tama River
insect morphology: Exoskeletal Hairs
architectural typology: Treatment Facility
program: Hydrogenic Purification


butterfly scale chromo-morphology
色彩は古代以来、一貫して文化的周縁に追いやられてきた。デザインと色彩は、「理性と感情」、「秩序と混乱」、「絶対と相対」、「構造と現象」、「真相と表層」といった、不均衡な対立と結びつけられ、「デザインはつねに色彩に対して優位を保っている」とされた。色彩は表層、補足、装飾、外装として、すなわち副次的なものとして扱われ、幾何学とは無関係であった。

chromophiliac roofscape
しかし、ひとたび自然界に踏み出せば、白は単にあらゆる色のうちの一つとなる。色彩は文化的に象徴や感情に従うものとされてきたが、自然界には何かしらの色の原理が存在している。例えば、昆虫や鳥類のもつ「構造色」では、色を決定するのは形態である。構造色とは、光の波長、あるいはそれ以下の微細構造による発色の仕組みである。色素や顔料とは異なり、物体自身は色を持たないが、光の干渉の効果により私たちの目には色が映る。

Kawashima, Nanami

structure-color-structure
建築において、色彩が単なる装飾としての役割を超えることは可能だろうか。このプロジェクトでは、自然界の構造色のスタディを通して、新たなスケールにおける色彩と形態との密接な関係を見つけ出すことを目指す。

project title: Chromophiliac Roofscape
project subtitle: Form follows Color
site: Tokyo Bay Landfill
insect morphology: Butterfly Scales
architectural typology: Urban Greenhouse
program: Post-Industrial Reclamation


monocoque heaven
西新宿は死んでいる。陽が昇るとともに労働者たちは次々と、四角いハコに収容されていき、陽が落ちるとそのハコは空になる。無表情の塊が立ち並ぶ様子はまるで廃墟のようである。
ハコは都市との関係が希薄である。公開空地とは名ばかりのもので、都市の人々を迎え入れない。それは、容積率を増やすための口実にすぎないのだ。この街をもっと生きた街にできないだろうか。
土地が周囲に解放されている高層ビルをつくりたい。

horn inverted
敷地に根ざす面積は小さいが、複数のモノコックタワーが曲がりくねって、時に寄り添い、時に離れながら上空へ伸びていく。地に根ざす低層階ではカフェや小売店舗が集積し、上空でタワーが寄り添う場所では映画館や美術館、図書館など公共的な空間が広がる。タワーが離れて孤立する間は住居が内包され、より上空で再び寄り添う場は、夜景の眺望できるレストランが集まる。

monocoque metropoly
解放された地上には緑が広がり、高層ビルが立ち並ぶ街の中で、都市の人々が憩える空間となる。モノコック構造のタワーは、複数が寄り添うことでお互いを支え合う。曲がりながら上空へ伸びる複数のタワーは、単調な新宿の街並みに変化をもたらす。

Tomita, Jun

project title: Monocoque Metropoly
project subtitle: Vertical Neo-Archipelago
site: Nishi-Shinjuku Financial District
insect morphology: Beetle Horns
architectural typology: Skyscraper Collective
program: Poly-programmatic Lifestyles


egg shell morphology

Tan, Anthony

project title: Inherent Incubator
project subtitle: Station Architecture
site: Ochanomizu Station
insect morphology: Butterfly Eggs
architectural typology: Train Station
program: Transportation Complex